イエレン議会証言で米ドルが動く。基軸通貨とFXの特徴

03a58bc0b93d0dc1d8b74253de094303_s

世界で最も流通量や取引量が多い米ドル。米ドルは世界の基軸通貨であるため、比較的安定した通貨といわれています。しかし、まったく値動きがないというわけではありません。

特に連邦準備制度理事会(FRB)の金融政策やFRB議長の議会証言は、米ドルに影響を与えるといわれています。
ここでは、FRBの金融政策やFRB議長の議会証言が米ドルに与える影響について見ていきましょう。

1.連邦準備制度理事会(FRB)とは

連邦準備制度理事会(FRB)について知るために、まずはアメリカの中央銀行について理解しておきましょう。中央銀行はその国の紙幣を発行し、金融政策を決定する銀行のことですね。日本の中央銀行なら日本銀行です。

ところが、アメリカには日本銀行のような中央銀行はありません。FRB・連邦準備銀行・連邦公開市場委員会(FOMC)の3つの機関で中央銀行の役割を分担しているのです。

アメリカのこうしたシステムを「連邦準備制度」といいます(連邦準備銀行もFRBの略称で表しますが、報道などでは通常FRB=連邦準備制度理事会であることが多い)。それぞれの役割は以下の通りです。

  • FRB…大統領が任命した7名の理事で構成され、7名の中から議長がひとり選ばれます。ワシントンD.C.に置かれ、連邦準備制度を統括。連邦準備制度で決められた政策の責任はFRBにあります。
  • 連邦準備銀行…ニューヨークやボストンなど全米に12ある銀行。ドル紙幣を発行し、市中の銀行を監督しています。公開市場操作以外の金融政策を実行するのが、連邦準備銀行の仕事です。
  • FOMC…FRB理事7名+各連邦準備銀行総裁から選ばれた5名の計12名で構成される委員会。年8回開かれ、金融政策の基本方針を決定します。ドルの流通量を調節するのもこの委員会です。

2. FRB議長の議会証言は重要

e2dfd80cadc362a12143705314568e69_s

FRB議長はアメリカ金融政策に多大な影響力を与える人物。任期は1期4年で大統領が指名、上院議会が承認して選ばれます。FOMCの運営も行い、いわばアメリカ金融政策の最高責任者です。

その発言が世界経済に大きな影響を与えるのは、当然のことでしょう。議長の発言ひとつで世界の投資家が反応し、為替市場が大きく動くということも多々あります。さまざまな発言の中でも、上院・下院で金融政策について現状と今後の見通しなどを語る議会証言は、世界中の投資家が注目しているのです。

3.現FRB議長ジャネット・イエレン氏はどんな人?

ジャネット・イエレン氏は1946年生まれの経済学者です。サンフランシスコ連邦準備銀行総裁、前FRB議長バーナンキ氏の下でFRBの副議長を経て、2014年第15代FRB議長に就任。女性が議長になるのはFRBの歴史で初めてのことです

1997年から1999年までビル・クリントン政権で大統領経済諮問委員会の委員長も務め、経済政策のエキスパートとして知られています。

イエレン氏は、金融政策ではドル安や株高を目指すインフレ容認派と考えられています。「金利を安易に上げない」「金融緩和を安易に停止しない」という考えの持ち主です。前FRB議長バーナンキ氏も同じくインフレ容認派でしたが、彼に比べると、緩やかにインフレになることを目指しているのではないかと見られています。

しかし、イエレン氏はインフレよりも失業に関心があるのではないでしょうか。2016年8月には、経済活動の堅調さやインフレの見通し等により、利上げに前向きな発言をしていました。しかし、9月初旬に出た雇用統計の数字が市場の事前予想より予想外に悪かったため、わずか1か月で利上げを見送る会見を行ったのです。

4.まとめ

今のアメリカ経済は、戦後の他の景気拡大時期に比べて、長い期間景気拡大が続いています。ということは、次にいつ景気の後退が起こってもおかしくありません

しかし、今は大統領選挙が控えているため、積極的な金融政策を行いづらい時期でもあります。金融政策を間違えると、それが景気の後退につながるかもしれません。

見てきた通り、FRB議長はいわばアメリカ金融政策の最高責任者です。その発言1つでマーケット、FX市場が大きく動きます。
今後、FRBがどのような政策を打ち出すのか、イエレン議長がどのような議会証言をおこなうのか。ますますその発言に注目が集まるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です