世界の基軸通貨!米ドルの特徴とは。FXで利益を上げるには!

FXを始めるなら、まずは押さえておきたい米ドルの特徴。数ある通貨の中でも、安定性と安全性の高さはいちばんです。米ドルを知ることは、世界の情勢に関心を持つこと。そして、FXで成功するための第一歩なのです。

米ドルは世界の基軸通貨

外貨預金から海外旅行、貿易、金融商品の売買、投資にいたるまで、国と国とのやりとりにはさまざまなものがあります。世界でいちばん利用されている通貨な何でしょうか? いうまでもなく米ドルですね。

米ドルは流通量・取引額ともに世界でもっとも多いことから「世界の基軸通貨(キーカレンシー)とよばれています。

米ドルの特徴

それでは、米ドルの特徴を見ていきましょう。

1.安定した通貨

前述のとおり、米ドルは世界の基軸通貨であり、世界でいちばん流通量が多い通貨です。たとえ、一部の投資家がまとめ買いしても、米ドル全体的な規模からいうとほんのわずかな影響しか与えず、為替レートが大きく上がり下がりすることはありません。

そのため、米ドルは各国の通貨の中で比較的安定した(上がり下がりがない)通貨といわれています。

2.情報量が多い

世界における米ドルに関する情報は、新聞やニュースなどでいつでも入手できます。つまり、取引の判断材料が多いということ。各国の通貨の中で比較的安定し、情報量が豊富で判断材料が多いことから、米ドルはFXを始めたばかりでなるべく損失リスクの低い通貨で取引したい方や、長期的に保有したい方向けの商品といえるでしょう。

米ドルに影響を与える要素

米ドルは比較的安定した通貨といわれていますが、まったく上がり下がりがないわけではありません。影響を与える要素がいくつかあります。米ドルを発行できるのは、アメリカ合衆国の中央銀行であるFRB(連邦準備制度)だけ。FRBは中央銀行として、銀行の監督・規制や金融政策の実施、公開市場操作などを行います。

こうしたことが行われると、米ドルの価値・レートは変動します。銀行の監督・規制や金融政策の実施、公開市場操作の目的は、おもに適切な雇用の維持や物価の安定のため。

ゆえに、雇用の維持や物価の安定に関係する指標の発表や発言があると、米ドルに影響を与えるのです。代表的な経済指標は、下記の通り。

  • 雇用関連の経済指標…非農業部門雇用者数、失業率
  • 物価関連の経済指標…GDP
  • FOMC(連邦公開市場委員会)の声明文

経済指標の発表前には、情報機関や金融機関による予測が立てられます。為替はつねに何かの情報に基づいて動きますが、ポイントは失業率や雇用者数が低水準なのか高水準なのかというよりは、以前にくらべてどうだったのか、情報機関や金融機関などが発表した予測と比べてどうだったのかという点。予測と大幅に違えば、為替も大幅に動きます。

年に8回開催される米国FOMC(連邦公開市場委員会)の声明も、重視しなければなりません。FOMCは国債の売り買いオペレーションなどの手法を用いて、通貨の供給量を調整するため、為替に一定の影響を与えます。これとは別に、突発的に起こるFRB議長の発言や声明にも注意しましょう。

また、米ドルは世界各国で使われているため、紛争や戦争などの有事も為替に影響を与えます。米ドルは安定した通貨価値を持っているため、昔は「有事のドル買い」といわれ、紛争や戦争などがあったときには、日本円以外の世界中の通貨が売られて米ドルが買われる傾向にありました。

しかし、現在はイラク戦争や対テロ戦争、リーマンショックなどにより「有事のドル離れ」の傾向が強まり、円高ドル安になることも多くみられます。

まとめ

安定性ゆえにFXでは比較的扱いやすい通貨といわれる米ドル。しかし、アメリカ国内の雇用や物価にかかわる指数に影響されることを、頭に入れておきましょう。また、世界各地の有事の際にも動きます。

アメリカはもちろん、世界の動向にアンテナを張っておくことは、米ドルの動きを察知するうえで必要不可欠。米ドルの動きを知ることは、FXで利益を上げるための第一歩なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です